「無の奇跡」 B.オレアリー著の頒布

 最近とみに顕著になってきた地球上の急激な変化を考える上で、この1998年刊の刊行物の内容がますます時節に合ったものになっています。すなわち、その存在感を増加させています。 概要は下記のとうりです。出版社の同意の下に 同訳書の新本の頒布を開始しました。在庫は充分にあります。

 

*************** 刊行物アウトライン **************

 

 「無の奇跡 フリーエネルギーと意識革命」 ブライアン・オレアリー著 山本瑛一訳 中央アート出版社刊(1998) 282頁 新本

 <帯の記述> 元NASA宇宙士が語る、新しい科学の向かうべき方法とは?フリーエネルギー技術の発展と、人々の意識革命をうながす良書!

ブライアン・オレアリー 理学博士(惑星天文学専攻) NASAのアポロ計画および火星有人飛行計画搭乗予定であった元宇宙飛行士。元プリンストン大学教授。IDI社科学および新しいエネルギーに関する二つの組織"International Assosiation for New Science (IANS)"と"Institute for New Energy(INE)"の共同設立者。

 本書は、著者の三部作の一つで、他に"Exporing Inner and Outer Space"(内宇宙・外宇宙への旅立ち 廣済堂出版刊)および"Second Coming of Science"(科学の第二波)がある。

SINSE注文コーナー