ロシアの新エネルギー技術 セレクション集

JNETS  Vol.1No.1 正誤表 (Ver.1B)

 

位置

参照文献の番号

各記事について参照文献リスト番号が、1から始っていない場合、1から開始するように変更。

p127

"西本右子"

"西本右子(にしもとゆうこ)"

p20 5

"我々はそ自らの熱意"

"我々は自らの熱意"

p30右最末端

"「捩れ場の影響力はきわめて弱く、目に見える現象や効果を生み出せない」ということが次第に明" を挿入し、p31冒頭部分の「らかになるにつれて、このアインシュタイン・カルタン理論は実地応用場面が見出せない理論分野の一つとして停滞することを余儀なくされた。」 に連結。

p31 16

"今日最も進<うずんだ重力分野の"

"今日最も進んだ重力分野の"

p35 右上8行

"物理真空の編極状態モデルを”→

"物理真空の偏極状態のモデルを"

p30p46

P35を周辺のすべての"編極"

"偏極"

p44 5

"たった一つに関する多量生産用修正モデル"

"たった一つの多量生産用修正モデル"

p64 7

"2. ジャイロスコープの回転に関する方程式"

"2. ジャイロスコープの回転に関する方程式" [イタリックでない]

p77 12

"必要とする技術的はシンプル"

"必要とする技術はシンプル"

p89 右上12

"dlog(ω2)/dt"

"dlog(ω2)/dt"

p120 2

"8. 体のプラズマ電気分解発電機"

"8. 気体のプラズマ電気分解発電機"

p120 3

"7. 常温核融合8"

"7. 常温核融合"

 

 

 

()他にお気付きの点あれば、お手数でもsinse@yamatrans.co.jp宛ご指摘下さい。